スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エバンス症候群2

8月18日、又お腹に紫斑が現れました。 そして、今度はお座りしててもフラフラしているのです。

絶対、おかしい。とすぐに同じ病院へ。

血液検査をしてもらい、詳しい検査結果は大学病院へ送るので、4日後(お盆休みが有った為)

家に帰ると元気で、ご飯もパクパク。 大丈夫そうねぇと安心していましたが、

次の日(8月19日)は、食欲がだんだん落ちて

金曜日の夜は、少し食べて、全部戻す、そして時々痛そうに鳴くのです。

絶対、おかしい。と又病院へ。

まだ大学病院の検査結果が出ていなかったので、お薬は出せず、簡単な血液検査では、


赤血球      2.79 M/ul(5.50-8.50)
ヘマトクサツト値 27.4%(37.0-55.0)
ヘモグロビン濃度 10.1 g/dL(12.0-18.0) これは貧血であることを示していました。


総白血球数    17.45K/ul(5.50-16.90) 感染と炎症を表しています。

リンパ球数 5.34K/ul(0.50-4.90)
単球数 2.49J.yk(0.30-2.00)
好塩基球数 0.14K/ul(0.00-0.10)
血小板数 115K/ul(175-500)

血小板減少症と判断されました。 しかし、これは詳しい検査結果ではないので、この時点でかなり弱っているミルへお薬を出すことは大変危険。

大きな医療センターへ転院を薦めてくださいました。

直接向かっても、午後の診療はもう終わってしまうそうで、午後一番に院長先生に見て頂き、血液検査ももう一度して頂いたら、開口一番、

この子、このままだと1週間持ちません。

病名は
免疫介在性溶血性貧血免疫介在性血小板減少症を併発していました。
通称、エバンス症候群

一週間持たないという先生の言葉で、私はポロポロして、先生の話が良く聞けませんでした。

主人が主に先生と話をしていました。

こうして書いているだけで、思い出してポロポロしてきました。





スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ミルフィーユママ

Author:ミルフィーユママ
ゴル(ヒマラヤン)17歳と、ティアラ(トイプードル)3歳で
平和に暮らす家へ、ミルフィーユ(トイプードル)の赤ちゃんがやってきました。 

二人のお友達になれるといいなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お誕生日
Slide Show
可愛い、可愛い、娘達です。 
Visitor Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。